« 銀座 古書の市 | Main | No. 185 明治維新前夜の岩倉メモ »

著作

〇共著『日蘭交流史 その人・物・情報』平成14年、思文閣出版
  「古書市場に漂流する洋学者の自筆史料 ―大槻玄沢、
  本木庄左衛門、本木昌造及びアーネスト・サトウの筆跡の特長―」
〇「Bibliotheca Japonica」(ザビエル、ケンペル、シーボルト、ハーン
  等日本観察外国人の日本誌、日・欧米交流史料の周辺解題。)
『日本古書通信』(月刊)15年余、現在183回連載中。連載の数例は、
  No.81「幕末日本人の海外知識 『海国図志』と横井小楠を中心に2」
  No.80「坂本龍馬の手紙」
  No.79「幕末日本人の海外知識 『海国図志』と横井小楠を中心に1」
  No.78「『特命全権大使米欧回覧実記』の成立とその周辺2」
  No.77「『特命全権大使米欧回覧実記』の成立とその周辺1」

|

« 銀座 古書の市 | Main | No. 185 明治維新前夜の岩倉メモ »

Comments

The comments to this entry are closed.