No. 185 明治維新前夜の岩倉メモ

20134_3 大姦物と言われた岩倉具視は文久2年(18628月、和宮降嫁問題に絡み辞官落飾で洛外追放処分となり、居を移しながら洛北の岩倉村に蟄居を余儀なくされました。雌伏5年余、慶応3年(1867128日岩倉は赦免され、翌日参内して一挙に王政復古を奏上。これをうけて天皇(明治帝)は「王政復古の大号令」を発しました。まさにクーデター。岩倉は蟄居中、人脈を駆使して周到な準備をしていたのでした。

 上掲図版の文書は、慶喜の大政奉還(慶応31014日)から王政復古に至る間に記されたと思われる岩倉のメモ。前文13項は、岩倉の腹心であった香川敬三の筆記、末2項は岩倉自筆。                                   

「一 神后今世ヲ知ロシメシタランニハ 一 信長豊公家康等今世ニ生レシメハ云々 一 自守遠略狂直云々 一 皇国弾丸黒子ミ地云々 一 文草野ノ臣ニ奪ハレ武ハ自ラスツ 一 文章明経両博士学院ノコト 一 天下ニ令ノコト 一 薩長私ニ外親ヲスルコト 一 覇府ノ論ノコト取捨 一 黄門光圀ノコト 一 一人ヲ欠時ハ一人ノヨハミ 一 今世外夷豪傑ノコト 一 眩惑セサルヨフ心酔致サラ様二ツノモノ一大事ノコト」

 この文書には、「前文十五行ハ小林彦次郎(香川敬三)氏ノ筆ニシテ 後文三行ハ岩公之真筆也」の紙片が貼り付けられています。「眩惑」の上に「元悪」の文字が取り消されていることから、前文は岩倉の口述を香川が筆記したことが解ります。

 神功皇后が今の世を知ったら如何に思うか。信長、秀吉、家康が今の世に居たら。自守し、遠大な謀で世直し。(幕府は)机上で政治を行う臣に任せ、武力を失ってしまった。学府創立、教育が重要。王政復古の大号令。薩長はふたごころのないように。大坂、江戸遷都のこと、取捨。光圀の尊王思想(あるいは慶喜のことか)。盟友の一人が欠けても揺るぎ無く遂行。今の世、外国の武力は絶大だ。一つのことに惑わされないよう、また心を奪われないよう、これは大事なことだ。

 岩倉自筆の2項はなお重要。「一 公卿婦女子ノ事」。これは、王政を確立する上で、天皇の取り巻き公卿(平安藤原氏以来の摂関制の廃止)・女官の切り捨て、遷都をもって振り払う、の意か。

 最後の項は、「草莽志士頻リ鼓舞セラレ亦頻リニ賊徒トシ褒貶ノ事」。脱藩浪人あるいは下級武士の志士は、しばしば奮い起こさせて上手く使うことも肝要だが、必要が無くなれば逆徒として処罰、煽てと切り捨てのこと。これは龍馬の顔が浮かびます。今一度このメモの記された期間を見直すと、1014日から龍馬・中岡暗殺の1115日の間の覚書である可能性が出てきます。

 岩倉具視(182583)は、下級公卿堀河家の次男として生まれ、朝廷儒学者伏原宣明に才を見出されて岩倉具慶の養子となり、まもなく元服して昇殿を許されるようになりました。29歳のとき歌道の師と仰いで関白鷹司政通に近づき、学習院を創設して公卿の子弟教育を図って、有能な人材を登用する旨の朝廷改革に関する意見書を提出。それが評価され、孝明天皇の近習となりました。

 岩倉の根幹思想は一貫していました。日米和親条約調印の勅許を求めて老中堀田正睦が上洛したとき、反対して廷臣八十八卿列参を行い、「神州万歳堅策」を奏上しました。これは、条約には反対。条約拒否のときの防衛・財政政策、単純攘夷は否定。相手を知るために海外使節の派遣。米国との交流の可能性。国内防衛の為徳川は改易しないと伝え心服させる。というもの。つまり、武力を強化して独立を守り、世界における日本の位置を把握する。アジアにおける米国の海外政策も知っていたのでしょう。

 蟄居中岩倉は、朝廷上層や旧知の小松・大久保宛に盛んに意見書を認めました。また、岩倉の国を思う情念に吸い寄せられた松尾、藤井、三宮、大橋(土佐)らを通じて水戸藩の香川、王政復古勅の草案や錦旗のデザインを手掛けた玉松操らが集まり、岩倉ブレーンが形成され、更に、西郷、中岡、坂本と広がり、最終的には、シンパの中山忠能、正親町三条実愛、三条実美、大久保、西郷、木戸らと新政府を作ったのでした。岩倉には目的の為には、清濁併せ呑む度量があったのでしょう。

| | Comments (0)

著作

〇共著『日蘭交流史 その人・物・情報』平成14年、思文閣出版
  「古書市場に漂流する洋学者の自筆史料 ―大槻玄沢、
  本木庄左衛門、本木昌造及びアーネスト・サトウの筆跡の特長―」
〇「Bibliotheca Japonica」(ザビエル、ケンペル、シーボルト、ハーン
  等日本観察外国人の日本誌、日・欧米交流史料の周辺解題。)
『日本古書通信』(月刊)15年余、現在183回連載中。連載の数例は、
  No.81「幕末日本人の海外知識 『海国図志』と横井小楠を中心に2」
  No.80「坂本龍馬の手紙」
  No.79「幕末日本人の海外知識 『海国図志』と横井小楠を中心に1」
  No.78「『特命全権大使米欧回覧実記』の成立とその周辺2」
  No.77「『特命全権大使米欧回覧実記』の成立とその周辺1」

| | Comments (0)

幕末日本人の海外知識『海国図志』と横井小楠を中心に2

 ケンペルも肯定した「鎖国」で、徳川幕府は250年余続いた訳ですが、幕末期、封建世襲の弊害などから、幕政の衰えは顕著になりペリー来航を契機として、その判断能力、統治能力の低下が一挙に露呈してしまいました。

Continue reading "幕末日本人の海外知識『海国図志』と横井小楠を中心に2"

| | Comments (0)

坂本龍馬の手紙

 「竜馬の手紙競売に」(7月9日東京、読売、地方紙朝刊及び10日昼NHK)、「竜馬の手紙1633万円」(7月13、14日東京、朝日、日経、地方紙朝刊)と報道された龍馬の手紙は、7月11日の明治古典会七夕古書大入札会に出品されました。

Continue reading "坂本龍馬の手紙"

| | Comments (0)

幕末日本人の海外知識『海国図志』と横井小楠を中心に1

 19世紀前・中期の東アジアは、英、露、米西洋列強の武力を伴った勢力拡張策に翻弄された訳ですが、その具体的発火が清・英間のアヘン戦争(1840~42)でした。欽差大臣としてアヘン厳禁策を実施し、結果的に敗北した林則徐は、その反省から世界情勢の把握の必要性を痛感して、朱子学、考証学に抗して春秋公羊学に基づく経世致用の学を唱えた魏源(1794~1857)に、自ら資料を提供してそれらをまとめることを依頼しました。

Continue reading "幕末日本人の海外知識『海国図志』と横井小楠を中心に1"

| | Comments (0)

『特命全権大使米欧回覧実記』の成立とその周辺2

 かくして使節団は1871年(明治4年11月12日)、一時帰国する米公使デ・ロングと共に、太平洋会社の外輪船アメリカ号で横浜港を発ちました。
 特命全権大使岩倉具視(右大臣)、副使木戸孝允(参議)、同大久保利通(大蔵卿)、同伊藤博文(工部大輔)、同山口尚芳(外務少輔)等46名。理事官の構成、佐々木高行(司法大輔)、東久世道禧(侍従長)、山田顕義(陸軍少将)、田中光顕(戸籍頭)、田中不二麿(文部大丞)、肥田為良(造船頭)及び各専門官からなる随行者から見ても、先進諸国の法制、王制、軍事、租税、教育、工業等の視察の任務が課せられていたことが解ります。

Continue reading "『特命全権大使米欧回覧実記』の成立とその周辺2"

| | Comments (0)

『特命全権大使米欧回覧実記』の成立とその周辺1

 新生日本が文明国家としての地位を獲得する為に、どうしても必要であった米欧訪問、回覧実施の芽が、幕末1859年(安政6)の長崎にありました。アメリカのオランダ改革派教会宣教師G.H.フルベッキ(1830~98)はこの年長崎に来航。日本語を修得して、禁教下長崎で布教をする一方、当地の幕府洋学所(後の済美館)、佐賀藩の致遠館で英、仏、蘭、独語を教え、更に西洋の政治、科学、兵事等の講義をして、維新の原動力となる人材を多く育てました。大隈重信、副島種臣、伊藤博文、大久保利通、横井小楠、江藤新平、大木喬任、加藤弘之、西園寺公望、中江兆民、井上哲次郎ら後の明治政府要人、知識人がずらりと並んでおります。

Continue reading "『特命全権大使米欧回覧実記』の成立とその周辺1"

| | Comments (0)